食事でケアして体の内側から美白を目指す

肌を白く保つためのケアは、美白化粧品の使用以外にもあります。食事でケアをすることで、より美白近づくことが期待できます。美白に効果がある栄養素としてよく知られているものがビタミンCです。

ビタミンC誘導体が含まれている美白用スキンケア用品は様々なものがあります。お肌にビタミンC誘導体を浸透させることで、シミやくすみの原因になるメラニン色素の生成を抑えると共に、既にできているシミを薄くする効果が得られます。

美白ケアは、ビタミンCの多い食材を食べることも意味があります。お肌にあるシミを目立たなくするために、抗酸化作用の高いビタミンC等を補給するといいでしょう。美白ケアには、ビタミンCをたくさん摂取できるフルーツや、野菜などの食材を積極的に食べることが効果的です。

ビタミンCは水に弱いので、食品を長時間水に浸けないようにしなければなりません。一度にビタミンCを大量に摂取しても尿と一緒に排泄されてしまうので、こまめに摂取するようにしましょう。一日に必要とするビタミンCは約2グラムです。

美白を目指すなら、毎日補給することが大事です。最近は、食事で補給しきれないビタミンCについては、サプリメントの形で摂取するというやり方も存在します。ビタミンCのサプリメントは色々なものがありますが、中には添加物が多い安物もありますので、商品選びは重要です。

美白用オールインワン「シズカゲル」の気になる口コミ