健康に役立つはずのサプリメントを使うことによる弊害

健康に美容に役立つとして、たくさんの人から愛用されているビタミンのサプリメントですが、弊害について考えておかなければなりません。ビタミンやミネラルなどの栄養成分がたっぷりと含まれているサプリメントを摂取することで、副作用が出てしまう危険性について知っておきましょう。

身体が必要としている量以上の水溶性ビタミンを摂取した場合は、使い切れない分が体外に出されます。ビタミンCは水溶性ビタミンとして知られており、ビタミンCサプリメントを摂りすぎても、過剰分は排出されるだけで弊害にはなりません。但し、過剰摂取による尿路結石の弊害が報告されていますので、むやみに取りすぎるのはよくありません。

水溶性ビタミンと違って、脂溶性ビタミンの過剰分は体内に残ります。健康や美容に作用する成分なのは確かですが、過剰に摂取することで副作用が出る報告がありますから、サプリメントに頼り過ぎることで知らないうちに過剰摂取してしまう危険があることを覚えておかなければなりません。

代表的なものは、ビタミンAやビタミンEであり、ビタミンAは過剰摂取すると胎児の発育に悪影響を及ぼしたり、吐き気を伴ったりします。脂溶性のビタミンを大量に摂取したために、倦怠感が強く、身体がむくみやすい場合があります。

飲み過ぎによるトラブルを防止するためには、まずは適量を把握することです。1日の摂取量を知り、正しい使い方をマスターすれば、サプリメントは安全に使い続けることができます。サプリメントを飲む時は、多く飲めばすぐ治るという簡単な話ではないので、まずは相手の話を効いて意向を活用しましょう。

トイプードルが好きなドッグフードはこれ

コメントを残す