薄毛で悩んでいる人には専門のクリニックでの治療がおすすめ

薄毛になる原因は、ホルモンバランスの変化に加え、生活習慣や間違ったヘアケアが原因となります。薄毛治療の方法は色々あり、それぞれの方法によって相性のいい症状の持ち主も違うので、事前にチェックしてみましょう。現在では薄毛に対する薬の種類も多いので、病院では薬を出すことが多いようです。

薄毛治療に使われる薬として代表的なのが、ミノキシジルとフィナステリドです。ミノキシジルは、血行促進作用があり、髪に栄養を与えることにより発毛を促します。ミノキシジルの副作用は体毛が多くなるというものですが、女性に対しても処方が可能な治療薬です。

フィナステリドは発毛効果があり、ミノキシジルと併用して使用されることもあります。フィナステリドは胎児の発育に悪影響を与える恐れがありますので、妊娠するかもしれない女性には使えません。薄毛を治療するやり方としては、特殊な薬液を注射して、体質改善効果を得ることで、体の内部から髪をつくる機能を向上させます。頭髪の元である毛乳頭を活性化させて、細い産毛をより太く成長させて、しっかりとした毛髪にする薄毛の治療です。

植毛手術よりも身体への負担が少ないのですが、継続してクリニックに通う必要があるので、費用がかかったり、スケジュールを合わせるのが大変な場合もあります。薄毛の症状を治療してもらえる施設に行って、自分がどんな問題に直面しているのかを知ることで、有効な薄毛治療を見いだせます。

効果のある女性用育毛剤は?

コメントを残す