リクルートカードプラス

【リクルートカードプラス講座】リクルートカードより実はお得です!

カードにゃん先生の「リクルートカードプラス」講座

年会費を払ってもお得なカードです

カードにゃん先生
クレ爺くん、こんにちは!
今日は「リクルートカードプラス」について、講義をしようと思うけど聴くかニャ?

クレ爺
カードにゃん先生、お久しぶりです。「リクルートカードプラス」って何ですか?

カードにゃん先生
えっ!?知らないの?今すごくアツいのに!
じゃあ、リクルートカードの方は知ってるかニャ?

クレ爺
リクルートカードは聞いたことあります。リクルートがやってるクレジットカードですよね。

カードにゃん先生
そのまんまじゃん・・・。ま、いっか。


そうそう、リクルートカードは、あのリクルートホールディングスが2013年5月30日に始めたばかりのクレジットカードで、業界最高水準のポイントが還元されるカードってことで話題になってるやつだニャ。
リクルートカード年会費無料なんだけど、実は有料版もあるって知ってた?

クレ爺
えっ!?有料版なんてあるんですね。

カードにゃん先生
あるんだニャー、これが。年会費2,000円(税別)のカードなんだけど、これが「リクルートカードプラス」なんだニャ。

↓↓↓↓↓ やっぱりお得なリクルートカードのお申し込みはこちら ↓↓↓↓↓

ポイント還元率はなんと2.0%!

クレ爺
へ〜。でもボク、年会費かかるカードはいらないです。

カードにゃん先生
え〜っ!!なんてもったいないことを。
「年会費かかる=やめとこ」っていう発想は良くないニャ。
「リクルートカードプラス」は年会費はかかるけど、無料のリクルートカードよりもポイント還元率が全然高いんだよ。

クレ爺
へ〜。

カードにゃん先生
へ〜て・・・。

カードにゃん先生
いいかニャ。「リクルートカード」のポイント還元率は1.2%なのに対し、「リクルートカードプラス」のポイント還元率はなんと2.0%!
もちろん年会費無料で1.2%っていうのも、すごく高い還元率なんだけど、「リクルートカードプラス」は2.0%だからね。

例えば、5,000円のカツオブシを買ったとするじゃん。この場合もらえるポイントは、「リクルートカード」だと60ポイントなんだけど、「リクルートカードプラス」だと 100ポイントももらえるんだニャー。
ポイントは1ポイント=1円として使えるので、100円のお買い物ができちゃう訳ニャ。

月22,500円以上の利用ならリクルートカードプラスの方がお得!

クレ爺
100円ですか・・・。

カードにゃん先生
100円をバカにしてない?
あのさー、カツオブシだけで生活してる訳じゃないんだから、他にも色々買い物するでしょ。
で、1年間で27万円以上をカードで支払うと「リクルートカード」よりも「リクルートカードプラス」の方がお得になるんだニャー。
1年間で27万円ってことは、月22,500円以上の利用でお得になるって訳さ。

クレ爺
月22,500円ですかー、全然普通に使う金額ですね。

カードにゃん先生
でしょー。
しかも買い物だけじゃなくて、スマホ代とか電気代とかの公共料金もリクルートカードで支払うことができるんで、それだけですぐいっちゃう額だよね。
普通の生活でリクルートカード使おうと思っている人なら、絶対「リクルートカードプラス」にした方がお得だニャ。

ただ、他のカードと併用して使いたいっていう人で、月22,500円もリクルートカードは使いそうにないという人は、無料の「リクルートカード」にした方がいいね。
「リクルートカード」にするか、「リクルートカードプラス」にするか迷った場合は、この月22,500円っていうので判断しよう。

クレ爺
はい、良くわかりました。

リクルートカードプラスは「JCB」のみ

カードにゃん先生
よろしい。でも、注意点もあるんだニャ。

クレ爺
えっ!?なんでしょう。

カードにゃん先生
無料のリクルートカードは「JCB」と「三菱UFJニコス(VISA)」の2種類あるんだけど、リクルートカードプラスは「JCB」しかないんだニャ。
なので、どうしても「三菱UFJニコス(VISA)」がいい!!という人は残念ながら諦めて。

クレ爺
諦めてって・・・。デメリットはそれだけですか?

カードにゃん先生
そーだーねー、これだけだねー。

クレ爺
へー、なんだか「リクルートカードプラス」にしてみようかなーって気になってきました。

旅行傷害保険が自動付帯に

カードにゃん先生
お、クレ爺くん、いいねー。講義をした甲斐ありだねー!先生はうれしいよ!
じゃあ、ご褒美にもっといいことを教えたげる!

クレ爺
なんですか!?

カードにゃん先生
クレ爺くんは旅行好き?

クレ爺
旅行ですか?好きですけど。

カードにゃん先生
だったら、なおのこと「リクルートカードプラス」の方がいいニャ。
実はリクルートカードは無料のものも有料のものもそれぞれ旅行傷害保険がついていて、「リクルートカード」は最高2,000万円(利用付帯)、「リクルートカードプラス」は最高3,000万円(自動付帯)となってるニャ。
金額が違うということもそうだけど、それ以上に「利用付帯」「自動付帯」という大きな違いがあるんだニャー。

クレ爺
「利用付帯」と「自動付帯」って何ですか??

カードにゃん先生
「利用付帯」というのはリクルートカードの方の条件なんだけど、旅行費用の一部をリクルートカードで支払ってないと保険が適用されないというやつなんだニャ。
「自動付帯」は「リクルートカードプラス」だけの条件で、旅行に行くだけで適用されるというありがたいシステムなのさ。

クレ爺
へー、「リクルートカードプラス」やっぱりいいですねー。

只今、新規入会キャンペーン中!

カードにゃん先生
そうそう、今、新規入会キャンペーンやってて、「リクルートカード」だと7,000ポイント、「リクルートカードプラス」だと10,000ポイントが入会するだけでもらえるよ。
「リクルートカードプラス」だと3,000ポイントも余計にもらえちゃうということは、年会費の2,000円(税別)払っても、入会時にすでに「リクルートカードプラス」の方がお得になってるってことだよね。

クレ爺
おー、すごいです。じゃあボクは「リクルートカードプラス」にします!

カードにゃん先生
お、決断が早い男はモテるよー。下記の申し込みバナーからWebで申し込めるので簡単だよ。

クレ爺
あ、そーいえばボク、すでに無料の「リクルートカード」持ってた・・・。

リクルートカードからの切り替えも簡単!

カードにゃん先生
・・・。

カードにゃん先生
えっと、JCBの「リクルートカード」なら「リクルートカードプラス」に切り替えができるので安心するニャ。
これもWebから簡単に切り替えできるから便利だニャ。

クレ爺くんはおいといて、「リクルートカード」と「リクルートカードプラス」で迷った場合、まず、JCBの「リクルートカード」にしておいて、月22,500円以上使うようだったら「リクルートカードプラス」に切り替えるという手もあるね。
なんせ「リクルートカード」は無料なんで、とりあえずキャンペーンで7,000ポイントがもらえるうちに作っておくのがいいニャ。

ま、クレ爺くんは、早く切り替えしなされ。

クレ爺
はい!そーしまーす!

↓↓↓↓↓ やっぱりお得なリクルートカードのお申し込みはこちら ↓↓↓↓↓